読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもひでぽろぽろ

しんどいから記録したい

友達のいないオタクの卒業式

 

 

 

卒業式終わりました。高校生終わりました。

 

 

 

くっそつまんなかった…

 

 

 

私の6年間は所詮こんなもんか、、、と思い知らされる卒業式になった。

 

 

 

薄情な奴には、薄情な友達しか出来ない!!!

 

 

私の友達はクラスに仲良い子が4人いたけど、1人は来ないし、もう1人は途中で帰った

 

しまいにはLINEのグループも抜けてて、連絡とる気がないみたい…

 

 

 

中学生の時はたくさん友達がいて、毎日の様に楽しくて仕方が無かった

 

高校生になって、趣味が生き甲斐になってからは、死んだように友達とコミュニケーションをとることを断ち、しまいには誰とも話さないで1日が終わることもあった。

 

 

一番仲のいい子は不登校だった。話していて楽しいと思えるのはその子くらいしかいなかった。毎日スマホばっかいじった。話しかけてくれる子もいたけど、正直苦笑いしかできなくて、徐々に話しかけられなくなっていった。

 

 

 

趣味があれば毎日楽しくて、友達がいないことが苦じゃなくて、何も心配なことは無かった。

 

 

でもいざ卒業式になってみて、大勢の人達が泣いてるのを見て、もっと友達といるのが楽しいように過ごしていれば、違ったのかもしれないな…と思った。

 

 

後悔はしてない。だって友達がいないわけじゃないから。遊ぶ約束してる人だっているし、今後も連絡をとるつもりだから。

 

でも、青春はしておくべきものだと思う。もし子供が出来たら友人を大切にする人に育って欲しい。

 

 

今日もジャニーズを見て心を浄化しよう。

 

 

 

後日たった1人で行われる友達の卒業式には出席したいな。

そして、その日が私の本当の卒業式だと思うことにしよう。